山道具デザイン考(6)

数年前にYAMAPの社長に会ったことがあります。

たしか天神の商業施設の集会室だったと思います。

YAMAPは福岡本社の会社だからこんな事がおこるんだろうと思いました。

その当時、登山用GPSが出回り始めたころでした。

社長の話(自己紹介)は、海外で祈りの道を旅したことを話してくれたと記憶しています。

そう

高くて厳しい山の話ではなく人々が祈りを持って歩く旅の話でした。

なんとも、さわやかな青年だと思いました。

そしてもう一つ

もうはるか以前に終了してしまったけど、JCOMで放送されていた山旅日記。

YAMAPがスポンサーで藤田可菜が山ガールとなって、九州の山を登るドキュメンタリーでした。

オール九州でもこんな番組ができるんだと思ったのです。

わたしは現在、BSのグレートトラバース田中陽希を毎朝見ていますが、

こちらの方がはるかに心躍るものがあったのでした。

そう

山ガール、藤田可菜が「今日はここから山に登ろう」に「今日も頑張ろう」と思ったものです。

そしてバックで流れる音楽もさわやかで良かった。

この番組はYouTubeで今も見ることができます。

それはさておき

今はコロナ禍で自粛されているけど

YAMAPからはセミナーや対談の案内が不定期ではあるけど届いていました。

これも福岡本社の恩恵でしょう。

ところで

下のログ(記録)は山の会の集会で大活躍します。

簡単に記録が残せるので保存すればこのまま写真と合わせて発表ができます。

ありがたいもんです。

<つづく>

 

 

YAMAPの登山ログ。記録としても簡単に残せるが、集会での発表も楽々です。

YAMAPの登山ログ。記録としても簡単に残せるが、集会での発表も楽々です。